自費出版プラスアルファ

自費出版について情報をまとめています。参考にしてください。

Uncategorized

自費出版は正直言って自己満足的な側面が多いのは否めません。 自分史にせよ専門分野の発表にせよ、自分が密に関わった世界観を世の中に発表していくという点では、どれも同じです。

中でもオリジナル小説やラノベ(ライトノベル)といったものはこの最たるものと言っても過言ではなく、趣味や趣向が合わなければ誰にも見向きもされず、完全に自己完結してしまう場合も。 その分ヒットしたときのリターンは大きく、特定の顧客(ファン)が付けば、売れ行きもはかばかしいものとなります。 仮に売れなかったとしても自分の作品が世に出る、それも書籍という形で出せるので、作家冥利に尽きるでしょう。 せっかく書いてもお蔵入りになってしまってはもったいないですし、たとえ一人でも読んでくれる方がいるなら、出してみるに越したことはありません。

小説やライトノベルは誰でも比較的書きやすく、今の時代の流行という観点から言っても、自費出版としておすすめできるジャンルです。 もちろんまったくの初心者の方はブログや投稿サイトなどで練習をしたほうが良いかもしれませんが、それなりに書いた経験があり、書籍という形で発表してみたい人にはぴったりと言えます。 また手に取れる実物の本の形にこだわらなければ、電子書籍で自費出版する手もあります。 電子書籍なら製本や宣伝のコストもかかりませんし、時間もそれほどかからずスピーディーに出版することができますよ。

特に電子書籍化が進んでいる今の時代には打ってつけの出版法で、電子媒体での出版を応援してくれる業者が増えてきているのも見逃せません。 小説・ラノベで自費出版を考えている方はぜひ電子書籍での出版を検討してみてはどうでしょうか?

1 COMMENTS

LEAVE A RESPONSE

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You Might Also Like